« ゲロゲロ | トップページ | はやっ »

2006年9月 1日 (金)

携帯とメール

今日4チャンの番組でメールを一切禁止すべきであるというトピックでディスカッションする番組がありました。これはなかなか熱いテーマだと思うので一つ感想。

個人的にEメールを一切禁止するってのは敢えて賛同まではしないけど、否定はしないですよね。一切禁止ってのはもはやあまりに厳しい世の中だと思うから、制限をかける位の感じでいいんじゃないでしょうか。別に現代の中高生に広がっている携帯を中心とした文化を否定するつもりはないけど、その文化に浸った子供が大人になった時のことを考えると実際相当怖いっす。そのティピカルな例がギャル文字。あれははっきりいって解読不能です。そんなところに労力をかけるか!ってか携帯が壊れたり携帯を学校に持ってくるのを忘れたりして天パる友人は結構多いけど、僕からすると不思議な光景である。無くしたりして携帯に載った個人情報が漏れることに対して恐怖を憶えるのはもっともなことであるとして、しかし忘れただけで天パることはあるまい。社会人が重要連絡事項乃至緊急連絡をとる手段として携帯が必要というのは十分合理性がある。が、学生の身分で携帯が壊れたり忘れただけで困るような連絡事項っていうのはそんなにあるものか?多分、そんなない。既に社会に出てる学生を除いて。というわけなので、故意に携帯を持ち歩かないことが多いですな。それで困るような連絡・メールが入ってた例はないです。

個人的に怖いのは小学生が平気で携帯持ってることです。これは実際かなり怖いことのような気がする。小学生がメールをしていることに対する恐怖というよりは携帯を扱うことに対する恐怖ですね。(ちょっと古いが)出会い系とかポルノサイトとか、携帯には広がってるし、それに重ねてメールをポチポチうちまくって周りが見えなくなるような子供が多発するようでは実際この先が怖いです。今の大学生位であれば、多分携帯を持ち始めたのは高校に入ってから、乃至は中学2、3年あたりじゃないでしょうか。つまりある程度、物の善悪の判断力がついてからという人が多いと思う。つまり、携帯が自分にとっての何であるのか。それが多分判断できる。しかし、小1位から携帯を身に付けていると、上に述べたように、携帯を紛失したり忘れただけで非常に混乱する子が増えるのは目に見えてます。てか、回りの人がみんな持ってるのに自分は持ってないというケースがあったとすればひどい劣等感を持つんじゃないだろうか。そんなことで仲間外れにするとか、親を恨んだりしたり。そんな弊害が起こるよーな気が。よく分からなくなってきましたが…^_^; 個人的に、せめて小学校への携帯の持参は一律に禁止する法律を作っても構わないんじゃないかなって思いますね。やっぱり小学校はまずい気がします。

|

« ゲロゲロ | トップページ | はやっ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4972/3287418

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯とメール:

« ゲロゲロ | トップページ | はやっ »